ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。


Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
Shibatire presents Attack Tsukuba 2024
【価格改定のお知らせ】ASM スロットルスペーサー
最後の選択、ASM I.S.Designサイレンサーキット
ASM I.S.Designサイレンサーキット
ラップタイム更新のための摩材変更
2024年1月 富士テスト シェイクダウン
Entry Archive
Search
Login
新型リヤウィング 取付完了 2023/03/09(Thu) 13:55:37
230309_Succeedsports.jpg



ASM S2000 1号車を引き取るため、滋賀県サクシードスポーツを訪問しました。


230309_Hose.jpg


余り物アルミパイプをシリコンホースとホームセンター金属バンドを継ぎはぎで使っていたラジエターホースは、手曲げワンオフ製作品に変更することでアッパー/ロア合計で395g軽量化しました。CFRP製T/Mマウントは消耗が気になったので鉄製にしたので210g重くなりましたが、サクシードスポーツ市川さんは「CFRP製ステーもまだ十分使えるよ」との見解だったので、タイムアタック本番はCFRPステーに戻した方が良いかもしれません。

◇ 新型T/Mマウント +210g(重量増) * または変更なし
◇ 新型ラジエターホース -395g(軽量化)


230309_St.jpg
230309_Wi.jpg


そして最も難関だったリヤウィングステー取付部の制作です。事前に色々な要望をしましたが、ウィングの取付角度・車体側の状況・万が一期待した性能を発揮できなかった場合に従来のリヤウィングに戻すこと等さまざまな要件を満たしたリヤウィングステー取付をしてくださいました。


2201030_asm_s2000_wing.jpg


・リヤウィング本体 従来品6,450g 新型4,150g+SDGs翼端板245g/2枚=4,395g 2,055g軽量化
・ウィングステーBOX 従来品3,200g 新型4,950g 1,750g重量増

◇ 新型リヤウィング&ウィングステー -305g(軽量化)


230309_weight.jpg


150kgか200kgか不明ですが大きなダウンフォースを受け止める必要があるので、ウィングステーは強固な取付が絶対条件です。CFRP製からアルミ+鉄製に素材変更するのでウィング本体の軽量化を帳消しにする重量増を覚悟していましたが、なんとウィング関連だけでも軽量化を達成しています。今回のような無理難題に対してもGTやF4等のレース現場でも、逃げず投げ出さず言い訳しない人間性と、結果を出し続けてきた『事実の積み重ね』があるから、加藤寛規監督や大湯都史樹選手でも市川さんのことを信頼しているんだと改めて納得しました。


◇ 合計 -490g(軽量化)


230309_s2.jpg



レースエンジニア市川さん・加藤寛規監督・大湯都史樹選手と一緒に、1号車を走らせたいです。

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4348



前の10件 | | | | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]